お金について興味があるでしょうか。バブルの頃だったら、貯めるんではなくて、使うことに興味がある人が多かったでしょう。若いうちは自分に投資すべきという風潮で、貯めるのは、ずっと先でいいという雰囲気でした。ところが今は、全然違います。バブルが崩壊して、リーマンショックで、リストラの憂き目を受けた人にとって、お金のありがたみは絶大です。お金を使って、いろんな体験をしても、就職には結びつきません。海外でいくら経験を積んできても、雇ってくれる先がないと、生活が立ち行かなくなります。多くの人が、ここ数年で、お金のありがたみをひしひし感じています。公認会計士で知られる山田真哉さんは、仕事がらみやお金にまつわる数多くの著作があることで知られています。山田真哉さんの著作を読んだことがない人でも、タイトルを聞いて知っているという人が多いはずです。現在は、独立し、自分で事務所を開いて、様々な分野で活躍しています。投資顧問を顧問先に持ったり、貯蓄のアドバイザー的な事もしています。山田真哉さんが若いこともあり、若者から、お金について、絶大な支持を得ています。本人も、資産形成には躍起になっていて、多くの人のお金のアドバイザー的存在です。お金の殖やし方に特に躍起になっており、お勧めは投信積立など、こつこつお金を積み立てる方法です。短期で儲けようと躍起にならず、地味に積立られる投信積立のような積立ものがおすすめです。投信積立などは、少額から積立られるから、若者でもとっかかりやすいでしょう。少し慣れたら、投資顧問先などを利用して、株などに投資するのも、経済の勉強がてらおすすめです。初心者にも利用しやすい投資顧問があるので、利用しない手はありません。